枚方市

差し出した二つの提灯の光りの下に、浅ましく照し出された死骸の顔は、予想して来たよりは遥かに若く、そして死もまた奪うことのできない端麗な美しさが残っているのです。「間違いありませんとも、少し若くなってはいますがね」「四十二、三かな、——五十過ぎの薄汚い婆さん——とお前は言ったようだが、大変な違いだぜ」「でも、左の頬の下の方に、かなり大きな黒子がありますよ」「身許はわからないのかな、石原の若い衆」修理は後ろを振り向きました。そこには石原の利助が身体をいけなくした後、その娘の枚方市 蛇口修理と言われたお品に引回されている、若い手先が二三人いるのでした。「この辺でよく見かけた女ですよ——身扮は変ですが、金を持っていたということで決して乞食じゃありません」「が、顔へ何にか塗つて、姿を変えていたことは確かだな。見るがよい、相好は変らないだろうが、小鼻のわき、耳の後ろ、頤の下などに、絵具か煤すすか知らないが変なものが残っているだろう」修理は念入りに死顔を眺めております。「水漏れ、何を見ているんです」「この顔をお前、何度かで見たことがあると思わないか」「そう言えば、見たことのある顔ですが——」